読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳離れ後の保育園児の感染症予防にココナッツオイルを試す理由とは

我が家の2歳の子供、この4月に保育園に通い始めました。毎週色々な菌をもらってきて体調を崩すので、感染症予防にココナッツオイルを試してみようと思います。なぜココナッツオイル?理由はちゃんとあります・・・。

バターの代わりにと実家の両親がココナッツオイルを使い始めた

認知症予防・ココナッツオイル

この前、子供を連れて実家に帰ったおり、こんな話題になりました。

 

「最近バターがあまり店にないでしょ。

だからココナッツオイルに換えたのよ。」

 

「パンにもココナッツオイルだし、サラダもココナッツオイル。

認知症とかにもいいみたいだからね・・・。」

 

といって母親は、家で使っているというココナッツオイルの瓶を

見せてくれました。

 

「でも、注意しなきゃならないことがひとつあるの。」

「え?何?」

「中鎖脂肪酸が入っている奴にしないと、認知症予防にはならないのよ。」

 

「どういうこと?」

「同じ椰子油でもパーム油っていうのがあるでしょ。

あれは中鎖脂肪酸が入っていないので、認知症予防にはならないのよ。」

 

「へぇ~・・・。他の料理とかもココナッツオイルにしたの?」

「いや、でも、オリーブオイルに変えた。」

 

「オリーブオイルも健康にいいからね。」

 

しばらく実家に帰らないうちに、何だかえらく健康志向になっている

母親でした。それはいいけど、年金暮らしなのだし、お財布事情は

大丈夫なのかな・・・。