読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳離れ後の保育園児の感染症予防にココナッツオイルを試す理由とは

我が家の2歳の子供、この4月に保育園に通い始めました。毎週色々な菌をもらってきて体調を崩すので、感染症予防にココナッツオイルを試してみようと思います。なぜココナッツオイル?理由はちゃんとあります・・・。

乳離れ6ヶ月後の子供の感染症予防にココナッツオイルが効果あり!

この7月に子供にココナッツオイルを摂らせるようにしました。
効果ありですよ。

 

私の子供は2歳。6ヶ月月ほど前におっぱいをやめ、
春に保育園に入園しました。

 

それまで鼻をズルズルさせながらも何とか通園していたのですが、
この7月の頭くらいに調子を崩し、病院に行くと溶連菌と診断され、
保育園を2週間くらい休むことになってしまいました。

 

その後溶連菌自体は治ったものの、体調が不安定で、小児科医からも
「保育園に今行くとまた別の菌に感染する可能性が高い」と言われ、
保育園にはもうしばらく行かないよう、いわれていました。

 

共働きの私たち夫婦にとってこれ以上は保育園を休ませ続けるわけには
いかなかったので、仕方なしに医者に言いつけを破り、
保育園に通わせることにしました。

 

でも、医者の言うように、またややこしい感染症にかかってしまう
心配があったのでどうしようと思っていたのですが、ココナッツオイルに
母乳と同じラウリン酸という成分があるのをたまたま知りました。

 

そして、子供に与えるようにしてみたのです。

 

このブログの以前の記事では、ここまででした・・・。

 

さて、実際その後どうだったかをいいますと、医者から行くなと
言われていた保育園に行き、また体調を崩すとちょっと覚悟していた
のですが、これが元気元気!

 

ちょっと鼻をたらす程度のことはありますが、
以前に比べるとかなり軽い軽い(^^)

 

夏真っ盛りで感染症も多いのではと思うのですが、
保育園に通い始めた春よりもむしろ調子はすこぶる良いです。
ココナッツオイル、効果ありですよ

 

どれくらいの量を与えるの?というのが注目だと思いますが、
スプーン(小さじ)にほんのちょっと。
実質数滴くらいです。1日に数滴与えるだけで違ってきます。

 

うちの子供は青汁がなぜか大好きなので、青汁の味が変わらない
程度の量を一緒に混ぜて飲ませたりしています。

 

うちはそれくらいしかしていませんが、それでも小児科医が心配
したようなややこしいい感染症への感染は今のところありません。

 

ココナッツオイルを子供に与える方法としては、
私のように飲み物に混ぜる以外にも朝食のパンにつけるなど、
方法はいろいろあると思います。

 

いづれにせよ、1日に数滴程度、これで充分効果がある、
ということです。ですから、やってみる価値としては
非常にあると思いますよ。

 

今、私は下記のココナッツオイルを子供に与えています。
これ、以前にスーパーで適当に買ったやつよりも
やはりいい感じですね。

乳離れして6か月後くらいが、母親の母乳からもらった
免疫の効力がきれる時期ですよね。

 

子供さんの感染症予防に、よければ検討してみて下さい。
↓↓↓

 

乳離れ後の子供(保育園児)の感染症予防に効果?ココナッツオイル

実家の親も認知症予防に始めたというココナッツオイル。

「いいよ」と言われ、私も毎朝のパンのバターの代わりに

始めてみることにしました。

 

でも、実はもうひとつ、ココナッツオイルを始めた理由があります。

2歳のわが子の感染予防です。この4月から保育園に通い始めたのですが、

毎週何らかの菌に感染し、体調を崩します。

 

先月は何と溶連菌にかかり保育園を長期休養。

これでは嫁も私も仕事がままなりません。

 

実は子供はおっぱいをやめて(乳離れ)6ヶ月くらいたちます。

聞いたことがあるのが、母乳に含まれる免疫の効果が切れるのが、

乳離れ後6ヶ月くらいということ。

 

子供が溶連菌にかかった時期と一致するのですね。

 

何かいい手立てはないものかと思っていたのですが、見つけました!

 

子供が半年前にやめた母乳にはラウリン酸という成分が入っています。

これが菌をよせつけない抗菌効果を持っています。

そのラウリン酸がココナッツオイルにも入っているのです!

 

これが、私がココナッツオイルを始めたもうひとつの理由です。

合理的な理由ではないかな、と思っています。

 

スプーンに1杯程度でいいと思います。

これから、保育園に通う子供に毎日あげてみようと考えています。

 

さて、楽天通販ではたくさんココナッツオイルが売っています。

 

どれにすればいいか、私も正直わからないのですが、

「エキストラヴァージン」の表記の有無と、値段で決めました。

 

それと、楽天ランキングで1位だったし、迷うよりはこれでいいかと。

商品ページに成分表記もありますからいいと思います。

私が購入したココナッツオイルは、エキストラヴァージンのコレです。

↓↓↓

 さて、愛する子供の感染症予防にどれほど効果を発揮したか!?

またUPしたいと思います!

 

ココナッツオイルのすべての効き目のカギは中鎖脂肪酸

ココナッツオイルにはどんな効き目があるのでしょうか。

調べてみると結構たくさんあります。

 

・ダイエット効果

コレステロール値を下げる

・便秘解消

アトピーに効果(肌に直接塗る)

アルツハイマー認知症の予防と改善

・免疫力向上(ラウリン酸によるもの)

 

ちょっと驚きなのは、食べる・飲むだけでなく、皮膚に直接塗る、

という用途があること。

 

ココナッツオイルにはメイン成分の中鎖脂肪酸だけでなく、

ラウリン酸というものもあって、これが抗菌効果を持っているのですね。

ビタミンEが多く含まれていて保湿剤としての効果もあるらしいです。

 

髪にも、コンディショナーとしての役割を果たすそうで、

髪にツヤやハリを与えるそうです。

 

効能すべてのカギを握るのは、やはり中鎖脂肪酸です。

バージンとよばれる部類のココナッツオイルには

70%程度の中鎖脂肪酸が含まれています。

 

これぐらい含まれていると、効能を実感できるようですので

できれば製品表示に含有量が表示されているものを選びたいですね。

 

そうでなくても、「ヴァージン」、「エキストラヴァージン」という

表記があれば間違いはあまりないと思います。

バターの代わりにと実家の両親がココナッツオイルを使い始めた

この前、子供を連れて実家に帰ったおり、こんな話題になりました。

 

「最近バターがあまり店にないでしょ。

だからココナッツオイルに換えたのよ。」

 

「パンにもココナッツオイルだし、サラダもココナッツオイル。

認知症とかにもいいみたいだからね・・・。」

 

といって母親は、家で使っているというココナッツオイルの瓶を

見せてくれました。

 

「でも、注意しなきゃならないことがひとつあるの。」

「え?何?」

「中鎖脂肪酸が入っている奴にしないと、認知症予防にはならないのよ。」

 

「どういうこと?」

「同じ椰子油でもパーム油っていうのがあるでしょ。

あれは中鎖脂肪酸が入っていないので、認知症予防にはならないのよ。」

 

「へぇ~・・・。他の料理とかもココナッツオイルにしたの?」

「いや、でも、オリーブオイルに変えた。」

 

「オリーブオイルも健康にいいからね。」

 

しばらく実家に帰らないうちに、何だかえらく健康志向になっている

母親でした。それはいいけど、年金暮らしなのだし、お財布事情は

大丈夫なのかな・・・。

不眠、睡眠の質が悪い・・・、原因はストレスですか?

夜よく眠れずにお困りではありませんか? 

原因はストレス?それとも別の病気? 

何がどう自分の不眠に関わっているのか、
正直わからないのではないですか? 

例えば、精神的なストレスの要因になるような事柄がなくても、
生活サイクルが不規則だったりすると、
眠れないことは多々あります。

不規則な生活が続いているようなら、それが原因でしょう。 

また、生活が規則正しくても、今度は仕事など、
精神的なストレスがきついと、良い睡眠がとれなかったりします。 

仕事自体がキツくなくても、人間関係が悪い職場は、
私も経験がありますが、それだけでストレスですからね・・・。 

眠れないというわけではないのですが、
」の方が悪くて、毎朝目にクマができていました。 

あなたも、もしかして精神的なストレスから
不眠になっているのなら・・・、

 

ストレスや不眠の原因を和らげる3つの方法が参考になるブログ

 

上記のブログが参考になると思いますよ。

よければチェックしてみて下さい。